Legend 24L

超長距離レースにおいてベストパートナーとなるベスト型バックパック、それがこのレジェンド24リットルです。

RaidLightは、
1999年設立以来20年以上にわたり、アドヴェンチャー、ステージ、エンデュランスレース専用ギア、バックパック、ベストパックを開発し続けています。それはサハラマラソンなる通称MDS(Marathon des sables 35eme)における出場選手の使用率の高いことに実証されています。

 MDS用にMarco Olmo(マルコ・オルモ)と共に開発され、Olmoパックと呼ばれた大型20Lの後継モデルとして、Legendパック24リットルが誕生しました。主な用途はステージ、アドベンチャーレース、ファストパッキング、長距離ソロアドベンチャー向けとなり、出場する選手から選ばれたレジェンド24Lパックは完璧なベストパートナーとして共に完走、成績を残せる、そんなプロダクトです。

 人間工学に基づいたショルダーストラップとパッド入りのバックにより、レースベストと比較して快適に容量を増やすことができます。多数のループ、ストラップ、圧縮/過負荷コードにより、パックの外側に追加装備(寝袋、マット、テント等)を持ち歩くことができます。

特徴:
-重量:575g
-3Dエアメッシュ生地
-24Lリアジップコンパートメント
-ショルダー・スタビライザー =肩の負荷安定化システム
-追加装備を取り付けるためのパック下側のDリング
-容量を付け足せるフロントパックと互換性があります
-すべての装備を収納するための13個のポケット(5個のzipポケット)
-R-GO BOTTLE DRINK-TUB 800ML 2本を付属
-すべてのRaidLightフラスク、およびペットボトルボトルと互換性のあるフロントボトルポケット
-パックの下側にあるジッパー付きポケットで、アイテムにすばやくアクセスできます
-ドローコードサイド・コンプレッションシステム
-バッグ上部のGPSトラッカーポケット
-夜間の視認性を向上するための、リフレクターテープ装備
-エマージェンシー・ホイッスル付

組成:
-メイン生地:ナイロン100%
-その他:ナイロン29%、ポリエステルド66%、ポリウレタン5%


店長から一言:
RaidLightブランドは1999年に創業。日本市場では本格的な販売開始は2013年。
発売当初このLegendパックの前身である『OLMO(オルモ)』シリーズが存在し、5,12,20リットルのサイズ展開があり、それは日本のトレイルランニングレース、UTMF、ハセツネ、OMMなど多数のウルトラトレイルレーサーから愛用頂きました。そのOLMOシリーズの後継がこのLEGENDパックとなり、ブランドの真骨頂である超長距離用ザックとして今も開発され2018年の発売以来、3年の月日を経て再登場しました。
如何にその特徴を掘り下げたいと思います。

快適性 >>
継続的で長期間使用を目的とした耐久用に設計されています。 ショルダーストラップとバックシステムのウレタンフォーム・パッドは、「軽くて速く」動きを得るために装備した重い荷物を愛用者への負担、負荷内容な設計になっています。これはレースだけにとどまらず、縦走やロングトレイル、ロングトレッキングにももちろん使用出来る、エンデュランス・ベストパックです。

調整可能な容量 >>
ステージレースの様な数日間の砂漠レース、アドベンチャーレース用に開発されたのがこのパックの起源です。 6日間の食事とさまざまなアクセサリーを満載した状態から始めます。 アクセス可能なストレージを追加するためにフロントパック(別売)を追加できます。 負荷を安定させて圧縮し、バウンドを停止することもできます。 必要に応じて、パックの外側にアイテムをストラップで固定することもできます。調整可能とはレース初日の特に食料は装備マックスですが、レースが続くにつれ食料は自身のエネルギーとして費やし、荷物の体積は減ることに対応した圧縮コードがその役割を担っています。まさにそれが調整可能な容量パックとなります。

実用的なデザイン >>
創業者であるBenoit・LAVAL(べヌワ・ラヴァル)は言います。RaidLightには余分なデザインは無い。全て機能的だと。その意味が実証する実用的なデザインになります。
長期間旅行する場合は整理整頓が重要です。13個のポケットがあり、移動中に多くのポケットにアクセスできます。必要に応じてすべてを整理できるはずです。 上部にGPSポケット、ベースに非常用ギア、ベルトポケットに食べ物、ウォーターボトルの横に日焼け止め。 すべての装備ためのスペースが確保されています。
型番 GRKMB91_70C0TU
販売価格
25,300円(税2,300円)
カラー
購入数